崖っぷちアナ脊山麻理子遂に縛られる 緊縛SMセミヌードは限界突破? - 芸能ニュース掲示板|爆サイ.com関東版


NO.7057051
崖っぷちアナ脊山麻理子遂に縛られる 緊縛SMセミヌードは限界突破?
崖っぷちアナ脊山麻理子遂に縛られる 緊縛SMセミヌードは限界突破?
元・日本テレビアナウンサーの脊山麻理子(38)が、11月10日にSMをテーマにした最新の写真集『S』と『M』(共にワニブックス)を2冊同時リリースする。

その表紙カットが通販サイトなどで解禁され、元女子アナの衝撃的な緊縛姿に驚きの声が上がっている。

同作は、タイトルそのままに「サド」と「マゾ」の世界を表現。

『S』はサドッ気たっぷりの脊山、『M』はM女となった彼女というように、まったく逆の魅力が楽しめる趣向になっている。

すでに「週刊現代」(講談社)で先行カットを披露しており、ムチを手にした女王様姿や麻縄で縛られたM女姿などが話題になっていたが、表紙カットの解禁であらためて「元女子アナのSM写真集」に驚愕する人が続出しているようだ。
解禁された表紙カットは、どちらも衝撃的。

『S』は、ムチを片手にお尻をほとんど丸出しにした脊山が女王様チックな表情を浮かべているジャケット。

ボリューム感たっぷりのお尻と男性のドM心をくすぐる表情は、現役の女王様といわれても違和感がないほどハマっている。

そもそも、元女子アナが「お尻丸出し状態」の露出をしているだけでも驚きなのだが、それ以上のインパクトでドSぶりを表現している。

一方の『M』は、ランジェリー姿で胸の谷間をあらわにしながら縛られている緊縛ショット。

柔肌に食い込む麻縄、乱れた衣装や髪、今にも泣きだしそうな男のサド心を直撃する表情…こちらもプロのM女さんなのではないかと錯覚するほどの仕上がり具合だ。

形のいいバストやむっちりとした太もものラインも美しく、抜群のプロポーションの持ち主であることも再認識させられる。

これにネット上のグラビアファンは大歓喜。

「ここまでやってくれるとは」「イヤらしいボディと知的な顔のギャップが良い」「緊縛姿がたまらん」「麻理子女王様に調教されたい!」などと、驚きと歓喜の入り混じったコメントが飛び交っている。

脊山は日本テレビの美人女子アナとして活躍した後、2010年にフリーに転身。

フリーアナといえば、普通なら番組やイベントの司会が仕事の中心になるところだが、脊山は2014年に「週刊プレイボーイ」(集英社)で水着グラビアデビュー。

過激なイメージDVDや写真集を次々とリリースし、ファンを驚かせてきた。

最近は元女子アナのグラビア転身が珍しくなくなってきた印象があるが、その大半は地方局の元アナウンサーや最初からフリーだったというケース。

元TBSアナの田中みな実(31)が「腕ブラセミヌード」を披露したこともあったが、その発表の場は女性誌だった。

いわゆる「キー局」出身の女子アナで、男性向けの過激なグラビア露出をしているのは業界でも脊山だけといえるだろう。

それだけでも驚嘆するような転身ぶりだが、今回の「女子アナの緊縛SM」はまさに前代未聞。

女子アナの限界を完全に突破してしまったカタチだ。

業界にとっても衝撃作になるであろう2冊のSM写真集。

この爆弾級の作品でどこまで弾けてくれるのか、期待はふくらむばかりだ。

ネットの反応
・エッロすぎやろ
・脱ぐ気マンマンだな
・割と好き
・もう需要ないよ
・ボンレスハム
・中年肥りが酷くなって憐れだ
 >この歳のちょいリアルな体型を拝めるのは貴重
・猿轡が足りん
・いいね SM映画に出て欲しい
・落ちるとこまで落ちたな
・崖っぷちってかもう足滑らせて崖下でお茶飲んでる感じ
・コイツホント嫌い 技量もないのに自己顕示欲、承認欲求だけはある
・ここまで落ちると枕営業もあるのかな
・この人の家って結構裕福なんだろ
・本人の趣味なのかどこを目指しているんだろ。
・ムテキにはいかないか 金目当てでやってるわけでもないしな
・エロいケツしやがって ヤラせろ淫乱ババア!
・モーニングクロスやってた時はまだマトモだったのに
・落ちぶれてネトウヨ営業した挙げ句に更に落ちぶれるってさあ…
・メンヘラ寄りの自己顕示欲の塊でもはやアナウンサーが副業だな
・MXで阿部ちゃんの後釜になれるやん
・元キー局アナなのになんで淫乱超人になってんの?
【日時】2018年11月09日
【提供】gossip!
【関連掲示板】










レス一番乗りしましょう!