モデルプレス=2021/02/21】乃木坂46山下美月が、21日放送の日本テレビ系シューイチ」(毎週日曜7時30分~)にVTR出演。自身の“あざと可愛いキャラ”について語った。

【写真】山下美月の“SEXYバニー”姿・思い出の1枚…“初センター抜擢記念”1st写真集「忘れられない人」未収録カット公開

山下美月、“あざと可愛い”自覚はある?

テレビ朝日系「あざとくて何が悪いの?」(毎週土曜、よる9時55分~)では、連続ドラマ企画で“あざと可愛い”主役を演じ、話題を呼んでいる山下。

今回のVTRでは、“あざと可愛いキャラという自覚があることを告白。「握手会とかで、ファンの方を楽しませようとコスプレしたりとか、猫耳つけてみたりとか、重ね重ねやっていたら『あざとい』というのを言っていただけるようになって。ファンの方が“あざといキャラ”にしてくださった」と語った。

さらに、「今色んな方のおかげで『あざとい』が良い方向に行っているので、やっと時代が私に追いついてきたなっていう(笑)」と続け、「『あざとい』の波が来てると?」と聞かれると「『ウェーブ来てるな!』って(笑)」と笑顔を見せた。

山下美月、“新センター”の心境明かす

また、山下は、乃木坂46の26thシングル「僕は僕を好きになる」で初めてセンターを務め、“新センター”としても話題に。

「前から大好きだったあのグループの真ん中に立つって思うと、大丈夫かなって気持ちもあった」と不安があったようだが、「同期のみんなとか先輩方にたくさん支えていただいて、自分らしくのびのびと楽しんで出来てるかなって思います」と話した。

そのほか、コロナ禍以前は1人で居酒屋に行くのが好きだったことを明かしたり、渾身のダジャレを披露したりと、様々な素顔を見せた山下。

視聴者からは「可愛さに癒やされました」「あざと可愛いの天才だ…!」「美月ちゃんの素顔が見れて嬉しい」「山下美月の時代が来るぞ!」など、多数の反響が寄せられている。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ


Not Sponsored 記事】

山下美月(C)モデルプレス


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>