AKB48の活動を経て、女優としても活躍するなど多忙な芸能活動を送る光宗薫さん(27)2011年ごろから独学で細密なボールペン画を描き始め、昆虫や空想世界の生物など、独創性に富む世界観をモチーフにした作品を次々発表。2013年には個展「スーパー劣等生」、さらに2019年は「ガズラー」を開催し、その圧倒的な才能が高く評価される。

光宗薫
光宗薫さん
 そんな光宗さんが2年ぶり3度目の個展となる「メロンタ・タウタ」を、東京の銀座にあるヴァニラ画廊で開催中ということで、独特なエネルギー渦巻く同展の見どころ、華々しく活躍した芸能活動時代に秘めていた壮絶な苦労話のこと。さらに、ハードな創作活動を支える独自の環境作りを光宗さん本人に語ってもらった。

当時の記憶がないほどのスピード感

――人気グループAKB48のスーパー研究生として、鳴り物入りの芸能界デビューでした。

光宗薫(以下、光宗):もともとは「神戸コレクション」というファッションショーモデルオーディションをきっかけに活動を始めました。AKB48の第13期メンバーオーディションには「おもしろそうだから受けてみよう」と思ってチャレンジしました。

――不思議な縁ですね。

光宗:無事、オーディションに合格はしましたが、当時グループ自体が過密スケジュールだったということもありますが、自分で自分を追い込んでいたこともあって個人的にハードな日々でした。加入前から精神的に不調が続いていたこともあって、グループには実質10か月ほどしか在籍していませんでした。忙しくしていたので当時の記憶はほとんどありません。それくらいスピード感がとんでもなかったです。

拒食と過食を繰り返す日々

光宗薫

――それは大変でしたね。アイドル活動の休止後、どういった状況に?

光宗:私、自分自身があまり好きではありません。自己嫌悪が行き過ぎて怒りすら感じることもあります。17歳の時に摂食障害になってからは、拒食と過食、過食嘔吐を何度も繰り返していました。コントロールの効かない食欲をなんとか抑えたくて、ある時、自分の好きな食べ物を長い時間眺めるために絵に描いたんです。

 すると、だんだん食べ物がただの物体に見えたというか。あれほどコントロールの難しかった食欲を克服できたかのような気がしました。その時は少し心が穏やかになれたのを覚えています。

自己嫌悪の元凶に燃料を投下

光宗薫

――ある意味、創作のモチベーションになったと……。

光宗:今も私にとって摂食障害は自己嫌悪の元凶みたいな存在です。その元凶を忘れ去りたいと強く思うほど絵の創作活動にとことん没頭できる自分がいます。だから目一杯まで創作のアクセルを踏み込みたい時は、意図的に少し食べ吐きして、自己嫌悪の元凶に“燃料”を投入しています。

――言い方が難しいですが、あえてネガティブな環境に自分を追い込むということですね。

光宗:この10年くらい、そういう感じのすごくネガティブマインドだけで絵を描き続けています。ただ体に負担もかかりますし、題材や描き方とか、絵のスタイルにもっと幅を持たせるためにも、自分の一番ネガティブな感情を抽出して絵を描くやり方は変えたいと思っています。私も幸せにはなりたいと思っているので(笑)

クッションを潰した万年床のアトリエ

――ご自身のネガティブな感情を絵で表現することに不安はありませんでしたか。

光宗:2013年に「スーパー劣等生」という、初の個展をやらせてもらいました。生まれて初めて絵という表現方法で私の“本音”をさらけ出した瞬間です。とはいえ、鑑賞する側の人に思いのすべてが伝わるわけではありません。

 でも、伝わらないことが逆にフィルターになったというか、とても他人には言えないネガティブな感情を込めて絵を描いているのに褒めてもらえることもある。こんなことがあるんだと嬉しくて驚いたと同時に、また個展は絶対やりたいと思いました。

――創作活動はアトリエで?

光宗:今は自宅でやっていますが、物欲がないので室内に物が全然ありません。テレビも置いてないですし、ちゃんとしたベッドもなくて。だからクッションを潰したような万年床で毎日寝起きしながら描いています。

――気分転換したい時はどうするのですか。

光宗:気分転換にも興味がなくて(笑)。今のところ、絵を描くこと以外でやりたいと思えることがありません。映画を観たり音楽を聴くのも年に数回程度しかありませんし。だけど2日間絵が描けなくなるとしんどくなっちゃいます。やっぱり絵の創作に集中している時間が、現実のいろいろなことを忘れられる時間なんだと思います。

170年以上前の小説を題材に

光宗薫

――今回の個展の題材になっている「メロンタ・タウタ」ですが、今から170年以上も前の1849年に発表されたエドガーアラン・ポー氏の冒険小説だそうですね。

光宗:そうです。この「メロンタ・タウタ」という小説は、軽気球に乗る主人公が誰でもない誰かに向けて手紙を書き続けるという、ちょっと風変わりな物語です。

 世間に対する主人公の憤りや不満がつづられていますが、その思いを誰かに直接伝えることもなく、主人公自身、伝えることに対する希望すら持っていないような書き出しから始まります。だけど最後の数行で本当はどこかの誰でもいいから、自分の話を聞いて欲しいという願望があるように感じました。

 なんだかとても矛盾しているんですけど、この無力な主人公が抱えるやるせなさに共感を覚えたと同時に、私が絵を描く時の心情に通底するものがあるように感じて。これは作品に重ね合せることができると思いました。

巨大なUMAをモチーフにした作品も

――なるほど。小説以外からもインスピレーションを得ることはありましたか。

光宗:実はもうひとつ隠されたテーマ(笑)。それは私の大好きなUMA未確認生物)たちです。今回の個展で一番大きな絵として描いた「オゴポゴ」というタイトルの作品は、オゴポゴという蛇に似た水棲型の巨大UMAモデルにしています。

オゴポゴ
「オゴポゴ」 ©光宗薫
 他にも蛾人間モスマンや刑天(けいてん)を描きました。中国神話に登場する巨人・刑天はユニークな説話が残されていて、戦闘中に首を切断されても戦いをやめず、自分の乳首を切り落として目に、腹部を斬って口にして、首なしのまま戦い続けたとか。

――さすがUMA好きなだけあって詳しいですね。

光宗:そうですね、いつから好きだったかははっきりと覚えていないのですが、昔から好きでした。UMAとは直接的に関係ないかもしれませんが、「キャトルミューティレーション」という家畜がUFOに誘拐され、体の一部を切り取られたり、血液が抜かれるという有名な都市伝説を題材にした絵も描いています。

光宗薫
キャトルミューティレーション」を本にした作品 ©光宗薫

無印良品のボールペンで15時間

――今こうして光宗さんの描いた絵を間近で見ると、本当にとてつもなく細密です。この超細密なボールペン画にこだわる理由を教えてください。

光宗:ただただ時間のかかる絵を描くのが好きなんだと思います。絵の制作に使っている道具は主に無印良品ポリカーボネイトボールペン0.7mmなのですが、とてもシンプルボールペンなので、筆圧に細微な強弱を加えてコントロールしています。

 作業に入ると、就寝と食事をとる時間以外は描き続けるので、1日15時間くらいは描いていると思います。そのペースで作業しても「続・虹色伝説 海(仮)」という作品は、完成まで2か月ほどかかりました。制作中は海面の波を延々描いていた記憶が(笑)

光宗薫
「続・虹色伝説 海(仮)」 ©光宗薫
――ボールペン画で色彩に挑戦することは想定していますか。

光宗:うーん……。過去に何度か自分の描いたボールペン画に色を入れたことがあるのですが、その時は「うわっ絵が汚れた!」っていうマイナスの感情が湧き出てしまって。

 私がボールペンでどれだけ丁寧に描いても、たったひとつ色が入ってしまうだけで、視点がズレるというか、色の持つインパクトや騒がしさに絵全体の世界観が一変してしまうんです。色にはそれくらいパワーがあるので。だから他の人の絵で色を見るのは好きですけど、私の絵には必要ないものだと感じます。

『プレバト!!』出演が創作の刺激に

光宗薫

――ところで「プレバト!!」(毎日放送)で披露した光宗さんの水彩画が、満点査定を獲得して優勝しました。新たなフィールドでの活躍がめざましいですね。

光宗:本当にありがたいことです。でも、テレビのお仕事としての創作活動ですから、『プレバト!!』さんで描かせてもらう絵は水彩画やスプレーアートなど、番組の企画に沿った作品ですが良い刺激をもたらしてくれていると感じています。

 こうして今の私があるのも、ある意味長年苦しんでいる摂食障害のおかげだというところもあって。だからいつか「摂食障害になってよかった」と心から感じてみたいです。

――なるほど。では最後に、光宗さんの個展に来るファンの皆様へ一言お願いします。

光宗:今回の個展用に作ったパンフレットの冒頭と最後のページに、題材になっている小説「メロンタ・タウタ」の一節を引用しています。私の絵と合わせて、その文章にも目を通していただければ、個展の趣向がより楽しめると思います。

<取材・文/永田明輝 撮影/山田耕司>

【光宗薫】
1993年生まれ、大阪出身。2011年頃より独学で絵を描き始める。絵に使用する画材は主に無印良品ポリカーボネイトボールペン0.7mmのみ。昆虫や自身の姿、空想の生物等を緻密に描き込む。銀座ヴァニラ画廊にて個展「メロンタタウタ」を2月6日3月4日開催
Twitter@mtmnkor
Instagram@mtmnkor

【永田明輝】

気候変動が進む地球の環境問題どうにかして。そんな雑食系ライター



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>