芸能・etcニュースblog

芸能ニュースを主に書いていきます 他にも話題の事などにも触れていきたいと思っています

    カテゴリ: スポーツ


    女性騎手W杯で総合優勝!「藤田菜七子」の快挙に祝福と称賛の声



    女性騎手W杯で総合優勝!「藤田菜七子」の快挙に祝福と称賛の声

    2019-07-02 18:40:51(1139 view)

    スウェーデンで開催された競馬「ウィメンジョッキーズワールドカップ2019」で藤田菜七子騎手が総合優勝の快挙


    (出典 matome.naver.jp)





    NO.7566433
    好きなスポーツ選手、やっぱりイチロー トップ返り咲き
    好きなスポーツ選手、やっぱりイチロー トップ返り咲き
     世論調査機関の中央調査社は28日、人気スポーツに関する全国調査結果を発表した。

    最も好きなスポーツ選手は、今年3月に日米通算28年間のプロ野球生活に別れを告げたイチローさんが2年ぶりにトップとなった。

    2位はフィギュアスケート男子の羽生結弦選手、昨年トップの大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手が3位だった。

     調査は無作為に抽出した全国の20歳以上の男女を対象に行われた。好きな選手については、回答者917人のうち240人(26・2%)がイチローさんを挙げた。男女別、年代別でもすべてイチローさんが1位を独占した。

     好きなプロスポーツは、1位が24年連続でプロ野球。2位のサッカー、3位の大相撲も昨年と変わらなかった。大相撲で好きな現役力士は、大関に昇進した貴景勝が昨年の13位からトップへ躍進した。

     来年開催される東京五輪で楽しみな競技は、1位が競泳、2位がマラソン、3位が体操の順番だった。

    9月に開催されるラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会については、67・9%が「知っている」と答えたが、「興味がある」と答えた人は37・2%にとどまった。

    【最も好きなスポーツ選手】..



    【日時】2019年06月28日
    【ソース】朝日新聞
    【関連掲示板】





    #3 [匿名さん] :2019/06/29 08:51

    0
    なにがさんだもう過去の自己中の人じゃん


    #14 [匿名さん] :2019/06/29 09:38

    >>3
    あんたより努力して結果も残してきた男だと思うが?
    俺はそれほど野球に興味ないけど、イチローは一人の人間として評価する。


    #20 [匿名さん] :2019/06/29 09:54

    >>14
    そうかね?わからんよ?頑張って👍


    #7 [匿名さん] :2019/06/29 08:55

    イチロー称える前に野茂だろ。イチローも語っていた。野茂さんあってこその今の立ち位置だと。


    #10 [匿名さん] :2019/06/29 09:15

    >>7
    忘れてたが、そうだよな。当時の野茂はAmerica野球を席巻してた。誰もが、野茂スッゲー、言うてたな。


    #15 [匿名さん] :2019/06/29 09:38

    >>10野茂のトルネード投法&イチローの振り子打法の対戦を見てみたいと思います。


    #17 [匿名さん] :2019/06/29 09:44

    >>10あの頃のスポーツ紙すべてが野茂バッシング。野茂が活躍するや否や手のひら返し。今でも腹が立つマスゴミ。


    #18 [匿名さん] :2019/06/29 09:50

    伝説のボクサー亀田興毅だろーが!!


    #21 [匿名さん] :2019/06/29 09:54

    >>18圧倒的だったな、周りから嫌われ過ぎで、KO叫ぶ割りにKO率が低めww


    #28 [匿名さん] :2019/06/29 11:20

    やっぱ岡本と大山


    #31 [匿名さん] :2019/06/29 12:14

    >>28
    どちらも左右対称チョン


    #34 [匿名さん] :2019/06/29 12:35

    ロナウドと


    #35 [匿名さん] :2019/06/29 12:37

    >>34
    マイカー


    #36 [匿名さん] :2019/06/29 12:43

    >>34
    女誰?


    #38 [匿名さん] :2019/06/29 13:10

    >>36
    画像検索しましょ


    #49 [匿名さん] :2019/06/29 16:54

    ( -👄-)☝ 土井が邪魔しなかったら、もっと通算安打が増えていた!


    #57 [匿名さん] :2019/06/29 21:51

    >>49
    土井が取らななければプロになってない!


    #60 [匿名さん] :2019/06/30 07:16

    >>58
    もっと土井とイチローを調べて下さい知らない事が色々あるよ!俺も知らなかった話しが星野や野村も張本も出てくるよ!仰木だけじゃ無いぞ!面白いぞ!


    #58 [匿名さん] :2019/06/30 00:16

    >>57
    ( -👄-)☝ いいや!違うね!土井が「変な打ち方やめろ!俺、元巨人やぞ!」ってイチローをほしたんだぞ!それを名将・仰木彬監督が「いいじゃん、いいじゃん!振り子?いいじゃん!好きなようにブンブン振りなさい!佐藤はパンチ!鈴木はイチロー!」ってやったから、イチローは活躍できたんだそ!お前は勉強不足確定!土井はクソ!それを支持するヤツは小雨坊だ!


    #55 [匿名さん] :2019/06/29 18:42

    引退があと5年早くても良かった。
    この人は発言が小生意気だから嫌われる。


    #63 [匿名さん] :2019/06/30 07:25

    >>55
    イチローが言っていた

    野球を(職業として)やってるやつにロクなのいない

    イチローが言うから真実味があって納得できる

    反面、野球にまともさなどを期待せずに見下したいやつらからすれば

    すべてが自分より上をいくイチローを見れば、そりゃ気に入らないだろうな


    #59 [匿名さん] :2019/06/30 00:18

    野球が人気の国なんてキューバと日本だけwww


    #62 [匿名さん] :2019/06/30 07:23

    >>59
    バカ野郎 韓国でわ野球が男トツ一番人気だぞ👊


    #64 [匿名さん] :2019/06/30 07:34

    >>62
    バスケじゃなかったか!


    #68 [匿名さん] :2019/06/30 07:39

    >>59
    ここは日本だからなw


    #70 [匿名さん] :2019/06/30 07:42

    イチロー?長嶋?王?三浦?なるほど。そんなアンケートね


    #71 [匿名さん] :2019/06/30 07:48

    >>70それでいて、羽生・大谷・大坂・池江・紀平だから

    次回は大坂の代わりにサニーかルイが入るだろうけど


    #72 [匿名さん] :2019/06/30 07:49

    >>70
    三浦皇成?あいつは、まだG1取ってないよ!


    #75 [匿名さん] :2019/06/30 08:03

    >>74
    オートレーサーの三浦康平なら知っているけど!


    #81 [匿名さん] :2019/06/30 12:43

    >>79確かに無作為な選出のアンケートならジャニオタが多数入っててもおかしくはないな


    #74 [匿名さん] :2019/06/30 07:55

    >>72サッカーだろ。三浦淳寛を知らんのか。


    #79 [匿名さん] :2019/06/30 11:53

    >>75
    オートレーサーなら森且行でしょ


    #76 [匿名さん] :2019/06/30 08:43

    野球が人気の国なんてキューバと日本だけwww


    #80 [匿名さん] :2019/06/30 12:03

    >>76
    ここ日本だから全く問題ないけど
    君はチョン?





    八村塁がNBAに入ることがどれだけ凄いのか数字で説明する



    八村塁がNBAに入ることがどれだけ凄いのか数字で説明する

    2019-06-21 19:07:26(4856 view)

    世界最高峰のバスケットボールリーグ「NBA」のドラフトでゴンザガ大学の八村塁選手が日本人として初めて1巡目指名を受けて話題になっています。


    (出典 matome.naver.jp)




    本田真凛は水卜アナと..美女たちの「激かわ2ショット」に癒されちゃう



    本田真凛は水卜アナと..美女たちの「激かわ2ショット」に癒されちゃう

    2019-04-27 15:42:40(617 view)

    本田真凛&水卜麻美アナ、新木優子&渡邉理佐、板野友美&島崎遥香、桐谷美玲&中条あやみ、桜井日奈子&葵わかな、沢口靖子&若村麻由美が2ショットを公開して話題


    (出典 matome.naver.jp)



    このページのトップヘ