芸能・etcニュースblog

芸能ニュースを主に書いていきます 他にも話題の事などにも触れていきたいと思っています

    カテゴリ: アニメ/漫画/映画


    アナタはどれ見る? アニメ好きライターが選ぶ「2017年春アニメ」おすすめ作品10選 | ニコニコニュース



    ウレぴあ総研

    『この素晴らしい世界に祝福を!2』など人気シリーズの続編はもちろんのこと、『けものフレンズ』が一躍した2017年の冬アニメ。桜が咲くのと同じくして、4月からは春アニメも満開です!

    その他の画像・動画つき【元記事】を見る

    すでにプロモーション映像や情報を得て放送開始を楽しみにしている方も多いと思いますが、新生活の準備に追われてまだチェックしきれていないという方も多いでしょう。

    そこで、1年で最高DVD1000本鑑賞するほどのアニメ好きライター・加藤真大による独断と偏見によって、4月からの春アニメ注目作10本をご紹介します!

    すでにチェック済みの方も、見落としている作品がないか一目見てくださいね。

    待望のセカンドシーズンが登場! 「進撃の巨人 Season 2」

    放送情報:4月1日よりTOKYO MXほか

    もはやアニメファンには説明不要の大人気シリーズ『進撃の巨人』TVアニメ版が、4年ぶりに帰ってきました! 昨年放送された『甲鉄城のカバネリ』でも好評を博した荒木哲郎さんは、今シリーズでは総監督に。

    新たに監督として登板している肥塚正史さんは、前シリーズでは副監督ほかデザインまわりを担当されており、PVを観る限り大迫力の映像クオリティは健在。作画・声優・音響といったアニメならではの魅力を存分に堪能できる作品なので、コミックで読んでいるから……といって観ないのはもったいないですよ!

    クリスタやユミルたちを掘り下げるドラマも描かれるとのことなので、TVアニメオリジナルの展開になるかどうかにも注目ですね。Linked Horizonが手がける主題歌も、年末の紅白歌合戦へ参戦することを期待しています!

    大塚明夫に怒られたい?! 実力派スタッフが描く「アリスと蔵六」

    放送情報:4月2日よりTOKYO MXほか

    月刊COMICリュウにて連載中の今井哲也さんのコミックがTVアニメ化! 想像したものを現実に出現させることができる魔法を使えるわがまま少女の紗名が出会ったのは、頑固オヤジの蔵六で……。

    蔵六役に大塚明夫さんというだけで視聴決定! となった本作です! イマドキめずらしくなってしまった頑固オヤジ。現実で怒ったり怒られるのは今の世の中難しくなってしまいましたが、だからこそアニメです! 大塚さんに怒られながら、自分たちも世の中を見る目を変えていきたいですね。

    本作を手がける桜美かつし監督は『あさっての方向。』『ふらいんぐうぃっち』などでしっかりとしたドラマ作りに定評があり、レイアウトへのこだわりも人一倍。さらに、『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』でもタッグを組んだ、知る人ぞ知る名演出家・髙山文彦さんもシリーズ構成を務めているとあれば、クオリティの高い名作になるのではという予感がします!

    ツカミ120点の設定にご注目あれ! 「ラブ米-WE LOVE RICE-」

    放送情報:4月5日よりTOKYO MXほか

    「ラブ米」と書いて「ラブマイ」と読むのはまだしも、「ラブライス」です。パンが食卓を席巻する中、廃校寸前の穀立稲穂学園に入学した新米5人が「ラブライス」を結成し……というツッコんでナンボのあらすじと設定で振り切っています! 「にこまる」ってキャラも完全に狙い撃ちですね!

    お米の擬人化という鉄板(?)設定もありつつ、若手男性声優を起用してPVには「米米CLUB」の名曲を使用するという『KING OF PRISM by PrettyRhythm』(キンプリ)的要素もあるので、フルスイングでスベるか、とんでもない人気が出るか……。

    すでにご飯の上にふりかけと明太子とステーキが乗っている感じですが、企画・原作が『けものフレンズ』のヤオヨロズなので、冬アニメに続いて覇権を取ることになったら一気にアニメ業界でのポジションを確立しそうですね。アニメに詳しいフレンズの人は、要注目ですよ!

    新たな夏の名作が生まれる? 「サクラダリセット」

    放送情報:4月5日よりTOKYO MXほか

    原作ファンとしては「ついに来た!」というTVアニメ化です! 特殊な能力を持った人たちが暮らす咲良田(さくらだ)という街を舞台に、少年少女たちの切なくも前向きな物語が紡がれます。

    タイトルにもあるように、リセットによる過去のやり直しがキーポイントになる本作。似たような設定の作品も多いですが、筆者的な本作の魅力は「夏の情景」です。原作を読んだ時から胸へ訴えかけるストーリーとの相性は抜群。アニメとして映像化されることで、往年の名作『AIR』や『時をかける少女』のように、夏を代表する作品の1つになるのではないかと期待しています。

    主人公・浅井ケイ役に石川界人さん、ヒロイン・春埼美空役には花澤香菜さんを起用。そのほか悠木碧さん、牧野由依さん、大原さやかさんといった、心に染み入る声を持つ方々が多く起用されているので、より情緒的なアニメになるのではないでしょうか!

    アニメで描かれる地方創生とは? 「サクラクエスト」

    放送情報:4月5日よりTOKYO MXほか

    2011年放送の『花咲くいろは』、2014年放送の『SHIROBAKO』に続くP.A.WORKS(ピーエーワークス)のお仕事シリーズ第3弾。廃れてしまった田舎の観光大使こと「国王」に就任してしまった木春由乃(CV:七瀬彩夏)たちの奮闘が描かれます。

    オリジナルの話題作を手がけ丁寧な作画力と演出力でアニメファンならずともすっかりおなじみになったP.A.WORKSですが、富山を拠点にアニメ制作をしているというのも周知でしょう。そんな地方に根を張るアニメスタジオが、地方創生を描く! これほどの挑戦はなかなかないと思います。

    最近で『君の名は。』などで作中に登場する実在の場所をめぐる「聖地巡礼」も一般化しましたが、あくまで作品の舞台として描かれるものがほとんど。そんな中、いま地方を盛り上げるとはどういうことなのか? そしてそれをアニメで描くことの意味とは? といった本作のテーマ性に注目したいですね。

    人気クリエイター同士のコラボ、名作の新展開など

    広江礼威×あおきえいの完全新作TVアニメ! 「Re:CREATORS」

    放送情報:4月8日よりTOKYO MXほか

    『BLACK LAGOON(ブラックラグーン)』の広江礼威先生が原作を務め、『喰霊-零-』『Fate/Zero』のあおきえい監督とタッグを組むという注目作。オリジナルということでPVを観てみましたが、映像クオリティはもちろんのこと、ファンタジー要素もあれば魔法少女もあればロボットまである圧巻の世界観にクギ付けとなりました!

    去る3月19日には第1話の先行上映会も行われており、ひと足早く観た方々の反応も上々!『Re:CREATORS(レクリーエーターズ)」というタイトルと、「誰もが皆、《創造主》(クリエイター)になる。」というキャッチコピーがどんなストーリーを作り上げるのか楽しみですね。

    筆者的にはキャラクターデザイン・総作画監督を務める牧野竜一さんの仕事に注目! 『東京魔人學園剣風帖 龍龍』で見せたバリバリのアクションが炸裂するのか、はたまた『SHUFFLE!』第19話(ファンおなじみの空鍋回)のような心理描写が描かれるのか……。括目しましょう!

    『俺の妹』に続く衝撃作が登場! 「エロマンガ先生」

    放送情報:4月8日よりTOKYO MXほか

    『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の伏見つかさ先生とラノベ界のスーパー編集者・三木一馬さんが手がける衝撃タイトルがついにTVアニメ化! 前作のタイトルもムーブメントを起こしたインパクトがありましたが、今度はシンプルに衝撃的。主人公の手がけるラノベ作品のイラストレーターが、実は引きこもりの妹でペンネームが「エロマンガ先生」だったという設定です。

    前作『俺の妹』のTVアニメ放送時には、別の結末をインターネット上で配信するなど斬新な試みが行われたことでも話題になりましたが、本作もすでにニコニコ生放送にてルート分岐するラジオドラマなどが展開。視聴者もネットを通じて作品に関わることを積極的に取り入れているのがポイントですね。

    決してネタの応酬だけで終わらず、兄妹のドラマを中心にアツいストーリーが描かれることはもちろん、ただ観るだけで終わらない仕掛けにも注目したい作品です! ちなみに筆者的には某特撮作品のように視聴者投票で結末が変わるとかどうかなと思っていますが、どうでしょう!?

    どんな展開かは放送を見てのお楽しみ! 「ID-0」

    放送情報:4月9日よりTOKYO MXほか

    漢(おとこ)・谷口悟朗と同じく漢・黒田洋介が再びアニメを作る日をどれだけ夢にみたか……。『無限のリヴァイアス』のように僕らの心に傷を残し、『スクライド』のように意地と意地で殴り合う、そんな作品を想像してPVを観た全アニメファン(僕)はビビりました。

    キラッキラの少女3人の笑顔と楽しげな楽曲がそこにあったからです。サンジゲンにて制作され、宇宙の極限空間で作業するロボットものというフル3DCGのSF作品『ID-0(アイディー・ゼロ)』。

    設定的には『プラネテス』的な要素もありつつ、『機動戦士ガンダム00』的な要素も盛り込まれていそうですね。オリジナル作品ですので現時点では予想するしかありませんが、絶対にタダでは終わらないことだけは確かでしょう。

    放送開始前までかわいい世界観のTHE魔法少女ものだと思わせておいた某作や、ほんわか日常ものだと思わせておいて海洋バトルものでタイトルまで変えた某作と同じ匂いがします! 固唾をのんで第1話の展開を刻み込みましょう。

    ノイタミナの人気作の続編が登場! 「冴えない彼女の育てかた♭」

    放送情報:4月13日よりフジテレビ ノイタミナほか

    TVアニメ『冴えカノ』の続編が2年ぶりにノイタミナに見参! 第1期の放送前と後で、アニメファンにとっての「加藤」という名前の認識が一気に変わったことに全加藤を代表してお礼申し上げます。前期に続き、冴えない女子高生である加藤恵をヒロインとしたギャルゲー制作に勤しむ主人公たちの青春が描かれます。

    基本的に表情をあまり変えなかった加藤ちゃんですが、物語が進むにつれてちょっとむくれたりする様はめちゃくちゃ可愛かったですね。「♭」といえば半音下げるという意味ですが、それが第2期の展開を暗示しているのでしょうか。「フラット」は起伏がないという意味でもあるので、ダブルミ―ニングとして加藤ちゃんのことを指しているのかなと思いを馳せています。

    もちろん、英梨々や詩羽といったおなじみのヒロインたちも登場。むしろ第2期だからといって新キャラが全面に出てきたりしないあたり、ラブコメとしても、もの作りを描いた作品としても完成度が高いと言えるでしょう。

    新たなるアトムの物語が始動 「アトム ザ・ビギニング」

    放送情報:4月15日よりNHK総合テレビにて

    誰もが知る名作『鉄腕アトム』。そのアトムが誕生するまでのエピソード・ゼロとして、若かりし日の天馬博士やお茶の水博士の姿が描かれます。原作は月刊ヒーローズにて、カサハラテツローさんが漫画を担当し、ゆうきまさみさんがコンセプトワークスを担当。それだけでも豪華布陣ですが、アニメ版も負けていない豪華スタッフが集結しています。

    総監督には『PSYCHO-PASS』の本広克行さんを迎え、監督は『機動戦艦ナデシコ』の佐藤達雄さんが務めます。1963年にTVアニメ『鉄腕アトム』が放送されて以降、たくさんのTVアニメが作られてきましたが、日本アニメが誕生してから100年というメモリアルイヤーの象徴的な1作と言えるのが本作ではないでしょうか。

    『学園戦記ムリョウ』好きの筆者的には、佐藤監督とキャラクターデザインを務める吉松孝博さんがNHK総合でTVアニメを作るというのは実に感慨深いものがありますね。本作もまた受け継がれていく素晴らしいアニメ作品になることを期待しています!



    (出典 news.nicovideo.jp)


    人気ブログランキングへ 【アナタはどれ見る? アニメ好きライターが選ぶ「2017年春アニメ」おすすめ作品10選 | ニコニコニュース】の続きを読む


    『キングコング: 髑髏島の巨神』について画像をまとめてみた


    「キングコング:髑髏島の巨神」こんどのコングはすっごく大きいの! - エキサイトニュース

    皆さんは「キングコング」ときいて、どのコングを連想するだろうか? 1933年のオリジナル『キング・コング』かもしれないし、1962年に東宝が作った『キングコング対ゴジラ』かもしれない。世代によっては、1976年のギラーミン版『キングコング』を挙げる人もいるだろう。2005年の ...
    (出典:エキサイトニュース)



    【『キングコング: 髑髏島の巨神』について画像をまとめてみた】の続きを読む


    ただの恋愛映画じゃない!この春、映画館でお勧めラブストーリー10選



    ただの恋愛映画じゃない!この春、映画館でお勧めラブストーリー10選

    2017-03-24 20:46:47(53232 view)

    2017年、出会いの季節の春おすすめのは、一捻りある恋愛要素のある映画。


    (出典 matome.naver.jp)



    このページのトップヘ