芸能・etcニュースblog

芸能ニュースを主に書いていきます 他にも話題の事などにも触れていきたいと思っています

    カテゴリ: 音楽


    モデルプレス=2021/04/16】V6の53枚目となるシングル「僕らは まだ / MAGIC CARPET RIDE」(ヨミ:ボクラハ マダ / マジック カーペット ライド)が、6月2日に発売されることが発表された。

    【写真】V6三宅健、マツコ・デラックスへのキスの仕方が話題「天才」「破壊力やばい」ファン陥落

    今作は、今月7日よりテレビ朝日系「特捜9 season4」の主題歌「僕らは まだ」と、「MAGIC CARPET RIDE」のダブルAサイドシングル

    「僕らは まだ」は、7日から放送開始した「特捜9 season4」のエンディングにも使用され、すでにファンから好評の声が高い楽曲になっている。「大人になった自分から、少年だったあの頃の自分へ」という目線で書かれたこの曲は、いざ大人になっても全然完璧ではなかった、でもその未完成さを受け入れて進んで行こうという今のV6が歌うに相応しい楽曲となっている。

    ダブルAサイドのA’曲「MAGIC CARPET RIDE」は前作「PINEAPPLE」にて、巧みな言葉選びのセンスを遺憾無く発揮した土岐麻子による作詞楽曲。

    また、カップリングには新世代ラッパーとして注目のRin音と、そのRin音やクボタカイのトラックを手掛けるTaro Ishidaによる「95 groove」、そして、気鋭のシンガーソングライターReNによる「Heart Beat Groovin’」が収録。一つの商品に収録される楽曲の豊富さにも注目のシングルだ。

    ◆V6、1年ぶり新アーティスト写真公開

    初回盤Aには、表題曲のCDはもちろんのこと、DVDには「僕らは まだ」Music Videoジャケット写真・Music Video撮影時のメイキング映像を収録。

    初回盤Bには、毎回必笑必須の撮り下ろし特典映像を収録。26年目のメンバーの今の空気感を存分に楽しめる内容となっている。

    通常盤には、表題曲2曲のほか「95 groove」「Heart Beat Groovin’」も収録。また初回限定としてフォトブックも封入される。ジャケット写真・Music Videoとは異なった、フォトブックだけの撮り下ろし写真となる。

    また今回約1年ぶりに新たなアーティスト写真も公開された。(modelpress編集部)

    Not Sponsored 記事】

    V6(提供写真)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【V6】53枚目シングル発表 新アーティスト写真も解禁】の続きを読む


    林原めぐみが歌うテレビアニメSHAMAN KINGエンディングテーマ「#ボクノユビサキ」のミュージックビデオが、4月15日午後9時からYouTubeプレミア公開される。

    「#ボクノユビサキ」は、同作に恐山アンナ役として出演もする林原が作詞を手がけ、音声合成ソフトでつくられたような歌声が話題となった楽曲。楽曲の後半には「SHAMAN KING」のキャラクターへの思いを詰めこんだ仕掛けが用意され、MVでも歌詞やビジュアル面で作品の世界観を踏襲したものとなっている。

    同じく林原が担当するオープニングテーマSoul salvation」のMVもYouTubeで公開中(https://youtu.be/Y0z_2C2LFfE)。こちらのMVは、原作者の武井宏之氏による漫画コマで構成されている。

    Soul salvation」「#ボクノユビサキ」を収録した主題歌マキシシングルキングレコードから発売中。価格は1320円(税込)

    オープニングテーマ「Soul salvation」MVより (C) 武井宏之/講談社


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【林原めぐみ】「SHAMAN KING」EDテーマMV、15日午後9時プレミア公開】の続きを読む


     今年もまた「サンリオキャラクター大賞」が始まった。4月9日から投票がスタートし、5月24日に締めきられ、大賞が決定する。毎年、熱い戦いが繰り広げられ、サンリオファンはもちろん、そうでない人の注目を集めている。

     特に熱い視線を送っているのがX JAPANYOSHIKIファンだ。同大賞には毎年YOSHIKIにあこがれたハローキティが変身した「Yoshikitty」がエントリー。1位を狙っている。

     そのためにYOSHIKIは投票を呼びかけ、1位になった時の公約をかかげたこともある。18年のことで公約は「YOSHIKITTYが1位になったらX JAPANの新アルバムリリースする」。X JAPANアルバムは96年の「DAHLIA」が最後。YOSHIKIは何度もアルバムリリースを約束しながら、いまだに出ていないありさま。ファンは長く待たされてきた。

    「そんな状態の中、YOSHIKIアルバムリリースを公約に掲げたわけですから、ファンはこぞって投票しました。何がなんでも1位を獲得し、アルバムリリースしてほしいからです。結果、18年は前年の7位から3位へと大きくジャンプアップしました」(芸能ライター

     次こそは期待された19年、YOSHIKIはなぜか公約を行わず、昨年もなし。今年こそはと期待されていたのだがやはり公約はなく、ファンをがっかりさせている。

    「気になるのはYOSHIKIはなぜ公約をやめたのか。ファンの間では、YOSHIKIファンの力をそこまで大きいものではないと見ていたからではないか?という説もあります。YOSHIKIはいくらなんでも1位はないだろうと思って公約を行った。ところがファンアルバムのために力を集結。トップになる可能性も十分あったわけです。そうなったらすぐにアルバムを出さざるを得ない。YOSHIKIは完璧主義ですから、中途半端な状態で出すのを嫌ったのではないかと見られています」(週刊誌記者)

     今年も公約をしなかったということは、アルバムリリースはまだ、先になるということと考えられるのだ。ファンの願いがかなえられるのは、はたしていつか。

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【今年も【YOSHIKI】の公約なし!キャラ大賞で見えてきた「アルバムの進捗状況」】の続きを読む


    ダウンタウンがMCを務める音楽バラエティー番組「HEYHEYNEOMUSIC CHAMP」(4月10日[土]夜9:00-11:10、フジテレビ系)に、EXILE、櫻坂46、JO1、DISH//、NiziU、Novelbright、HiHi Jets/ジャニーズJr.、美 少年/ジャニーズJr.、マカロニえんぴつの9組が出演。収録を終えたアーティストたちのコメントが届いた。

    【写真を見る】HiHi Jets、美 少年はSMAPやV6の楽曲など、ジャニーズ名曲メドレーを披露する

    ■EXILE・世界がハイレベルダンスパフォーマンスを披露

    デビュー20周年イヤーを迎えるEXILEボーカルATSUSHIの勇退により14人の新体制で始動。AKIRAEXILEで一番ダンススキルが高いと太鼓判を押すメンバー・世界は、ダウンタウンと初対面となる。

    どんなジャンルの音楽でも即興で踊れるという世界だが、今回は電車の踏切音に併せてダンス。世界の超ハイレベルダンスパフォーマンスで、松本人志浜田雅功が驚がく、爆笑する。

    ■世界(EXILE)コメント

    ダウンタウンさんは子どものころから見ていたので、初めて共演させていただきとても光栄でした! “やっぱりすごい方だなぁ”と思いながらオープニングトークを聞いていました。

    松本さんと席が近かったのですが、後ろから見える背中が生で見るととても大きくてびっくりしました! またいつの日か共演させていただけることを楽しみに、これからも頑張りたいと思います。

    音楽バラエティー番組はEXILEとしては久々だったのでとても楽しかったですし、収録を通じて先輩方ともこれまで以上に良い関係値になった気がします。今回はメンバー8名でのトークでしたが、メンバーの関係性がよく見える形になったと思いますので、ぜひ楽しみにしていてください!

    新曲「PARADOX」はとてもスタイリッシュかつダイナミックパフォーマンスになっているので、ぜひ一人も見逃さないように見ていただけたらうれしいです。

    ■櫻坂46・山崎天「浜田さんにはたかれたかった」

    中学校を卒業したばかりの最年少メンバー・山崎天は独特な絵のセンスの持ち主で、特に目の絵を描くのが得意だという。今回は、ダウンタウンイメージして描いたという目を、本人たちの前で披露することに。山崎の独特すぎる画力が明らかに。

    ■山崎天(櫻坂46)コメント

    ダウンタウンさんと初めてお会いしたので緊張していたのですが、お二人とも優しい目をしていました。お二人の似顔絵を描かせていただいたのですが、浜田さんにはたかれたかったです。今度よろしくお願いします。

    高速テンポで最高難易度ダンスと片手に羽根が生えたような衣装に注目してください。

    ■JO1がプライベート満載のトークを展開

    大躍進中のJO1がトークメンバーを入れ替え3度目の登場。今年に入り、共同生活を送っているメンバー全員で新居に引っ越しをして、新生活ではさまざまな面でグレードアップしたという。その快適な生活ぶりなどプライベート満載のトークを展開する。

    ■與那城奨(JO1)コメント

    久しぶりにダウンタウンのお二人とお話させていただきとても楽しかったですし、すごく心地よかったです! ただ、もっともっといろんなことをしゃべりたかったのが本音です!

    収録の後、「もう少しここで声を張った方がいい」とか「ここは自信満々でいこう!」とか、メンバーのみんなでトークの反省会をしていました。もっともっとトークを頑張りたいと思います!

    今回、僕たちのサードシングルCHALLENGER」の中から「Born To Be Wild」を披露します。ワイルドな振り付けや、まねしやすいステップもあるのでぜひやってみて下さい!

    DISH//矢部昌暉、浜田雅功ドラマ共演の過去を告白

    歌って踊る4人組ダンスロックバンドDISH//。「WOW WAR TONIGHT~時には起こせよムーヴメント」「チキンライス」をカバーするなどダウンタウンへのリスペクトが止まらない4人だが、メンバーの矢部昌暉は12歳のとき、ドラマ浜田雅功と共演していた過去を告白。

    一方、橘柊生はスベりすぎず、ウケすぎない“ちょうどいい”特技をダウンタウンの前で披露する。

    ■北村匠海(DISH//)コメント

    番組でダウンタウンのお二人と何度かお会いしていますが、DISH//としては初めてお会いできました。「WOW WAR TONIGHT~時には起こせよムーヴメント」「チキンライス」をカバーするなど、間接的には関わらせていただいていたので、“やっとお二人とお会いできた!”という気持ちです。

    お笑い界のレジェンドであるダウンタウンさんとのトークを経て、DISH//がこの番組に出られること自体が本当にすごいことだなと、改めて実感しています。番組に呼んでいただいてありがたい気持ちでいっぱいです。

    メンバーの橘柊生は「死ぬまでに会いたい芸能人はダウンタウンさん」と昔から言っていたので、それがかないました! 初めはとても緊張していましたが、そんな緊張を吹き飛ばすくらい楽しく収録できました。

    NiziUにAMEMIYAが「ささげる歌」

    NiziUの番組初登場を祝し、かつて「HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP」の恒例企画だったAMEMIYAによる「ささげる歌」を、おばたのお兄さんキンタロー。と届ける。

    そして、NiziUダンス選手権と題し、社会現象となった「縄跳びダンス」をNiziUのことが大好きなお笑いコンビきつねYouTuberヴァンゆん、ものまねタレントの丸山礼が本人たちの前で披露する。

    MAKO(NiziU)コメント

    収録が始まる直前に、ダウンタウンさんがお声をかけて下さったので、私たちの緊張もほぐれて楽しくトークすることができました。

    浜田さんがしっかり目を見て話を聞いてくださったのがとてもうれしかったです。松本さんと浜田さんの会話もすごく面白かったですし、何よりもダウンタウンさんにNiziUについて知っていただけたことがうれしかったです。

    ヴァンゆんさん、丸山礼さん、きつねさんのダンスパフォーマンスも印象的で、ダンスの細かい部分まで特徴を捉えて下さっていて光栄でした。また、AMEMIYAさんのNiziUメンバーの紹介曲も面白くて、もう一度見たいなと思いました。

    たくさんの方々に応援していただけていることがどれだけ幸せか、ということを改めて実感しました。ダウンタウンさんの温かさを感じることができて、とても幸せな収録でした。

    ■Novelbright竹中雄大、ハイレベルな口笛を披露

    路上ライブの様子がSNSでバズリ瞬く間にメジャーデビューと、令和の売れ方でばく進するロックバンドだが、ボーカルの竹中雄大は口笛世界大会で二度優勝しているという意外な一面も。ダウンタウンもうなるハイレベルな口笛を披露する。

    さらに、ギター・沖聡次郎がマンションで飼っている愛猫への遠隔餌やり実演など、プライベート満載のトークを繰り広げる。

    ■竹中雄大(Novelbright)コメント

    あっという間すぎてテレビを見ている感覚でした! ダウンタウンさんはやはり神でした! またダウンタウンさんとご一緒できるように、これからも精いっぱい頑張ります! そして、ニューアルバム『開幕宣言』で新たなステージへ駆け上がります!

    ■HiHi Jets&美 少年はジャニーズ名曲メドレーを披露

    次世代のジャニーズを担う期待の2組が登場。A.B.C-Zの河合郁人が“ココがスゴイぞ!”という2組の魅力を紹介する。グループ名はジャニー喜多川さんが大きな期待を込めて命名したというが、名前に込められた思いなどが明かされる。そして、両グループから次々飛び出すジャニーさんにまつわる思い出エピソードも。

    今回は「SHAKE」(SMAP)、「MUSIC FOR THE PEOPLE」(V6)、「フラワー」(KinKi Kids)を、ジャニーズ名曲メドレーとしてパフォーマンスする。

    高橋優斗(HiHi Jets/ジャニーズJr.)コメント

    昔から見ていた番組だったのですごくうれしかったです! メンバー個々でダウンタウンさんと共演させていただいたことはあったのですが、メンバー全員でのトークは初めてだったのでとても緊張しましたが、ジャニーズJr.の仲間の美 少年と一緒だったのでとても心強かったです。

    たくさんのアーティストの皆さんがいる中で、僕たちのカラーをしっかり出すことを意識して、先輩の楽曲で楽しくパフォーマンスさせていただきました。僕たちの武器の一つ、“熱量”が皆さまに伝わったらうれしいです。僕たちのローラパフォーマンスにもご注目ください!

    ■岩崎大昇(美 少年/ジャニーズJr.)コメント

    やっぱりダウンタウンさんは面白くて、浜田さんと松本さんはすごく優しいなと思いました。最初は緊張していましたが、お二人のお力で途中から緊張が解けて、楽しくリラックスしてトークできました。個人的にはダウンタウンさんとは何度か共演させていただいていますが、メンバー全員でダウンタウンさんとトークができたのはとてもうれしかったです!

    メドレーを歌わせていただいたのですが、踊りをしっかりそろえつつオシャレに余裕感を出して、格好良く見せられたと思います。メドレー最後の曲はみんなで楽しく歌ったので、ぜひ一緒に歌っていただけたらうれしいです! トークも歌も、盛りだくさんです。楽しい空気感を皆さんに共有できたら幸いです。

    マカロニえんぴつ・はっとりの芸名の由来とは?

    心揺さぶるエモい歌詞とメロディーで全世代から愛されるポップロックバンドメンバーで唯一芸名で活動するボーカル・はっとりが、芸名の由来を語る。

    一方、ベースの高野賢也は機材の搬入出などの作業がうますぎるため、スタッフに間違えられることが多いと明かす。そんな高野に起きた驚きのエピソードも。

    ■はっとり(マカロニえんぴつ)コメント

    とてつもなく緊張しました…。本当にダウンタウンのお二人が大好きで、伝えたいことは山ほどあったのに何も伝えられなかったのが悔しいです。でも、バンドとしてお会いできたことは本当にうれしい経験になりました。

    お二人ともとても優しくて、収録席が隣だった浜田さんがVTR中に「(奥田)民生みたいやなあ」と話かけて下さったことは忘れません。気持ちの入った歌が歌えたので、たくさんの方にぜひ見てほしいです。NiziUより一回り歳上の4人が、ダウンダウンを前にタジタジな姿は必見です! 演奏はバッチリです。

    ※山崎天と岩崎大昇の崎は正しくは「立つ崎」、高橋優斗の高は正しくは「はしご高」


    NiziUが「HEY!HEY!NEO! MUSIC CHAMP」に初登場/(C)フジテレビ


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【NiziUがダウンタウンと初共演! MAKO「知っていただけたことがうれしかった」<HEY!HEY!NEO!>】の続きを読む



    「青い珊瑚礁~Blue Lagoon~」ジャケ写

     「聖子ちゃんカット」でも話題となった、松田聖子セルフカバー曲「青い珊瑚礁~Blue Lagoon~」(現在配信中)の初のミュージックビデオが、最速の4日間で100万回を突破した。それを記念して8日、ピンクの衣装を着たダンスver.をYouTubeで配信。ミュージックビデオにも一部収録されているが、80年代を彷彿させる、可愛らしいダンスを披露している。

     「青い珊瑚礁~Blue Lagoon~」は2021年の第一弾配信シングル松田聖子の名を世に知らしめたデビュー初期の代表曲「青い珊瑚礁」のセルフカバー。長引くコロナとの闘いが続く中、デビューした1980年という日本が活気に輝いた時代を象徴するアップチューンの代表曲、セルフカバー「青い珊瑚礁 〜Blue Lagoon〜」をデビュー記念日の2021年4月1日より配信スタート

     「青い珊瑚礁は、私自身も大好きな曲で、デビューして40年経った今、この楽曲をリアレンジセルフカバーできることに、とてもワクワクしています。2コーラス目のサビ前、”あなたが好き あなたが好き”のリフレインの部分は、オリジナルと違うアレンジになっていて新しい青い珊瑚礁~Blue Lagoon~を楽しんでいただけたら幸せです」と語った。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【松田聖子】「青い珊瑚礁」初MV最速で100万回突破 記念としてダンスver.映像公開】の続きを読む

    このページのトップヘ