芸能・etcニュースblog

芸能ニュースを主に書いていきます 他にも話題の事などにも触れていきたいと思っています

    カテゴリ: 音楽


    あのメンバーはデキ婚…「E-girls卒業生」の近況がエモすぎ!






    あのメンバーはデキ婚…「E-girls卒業生」の近況がエモすぎ!

    2019-12-23 15:48:05(1371 view)

    E-girlsが2020年末で解散すると発表した。あの人は今…E-girls卒業生&脱退メンバーたちの現在をまとめ。Dream Aya, Ami(あみ),中島美央, 武藤千春…


    (出典 matome.naver.jp)






    R指定にE-girls…音楽グループの解散・活動停止発表が続いてる件






    R指定にE-girls…音楽グループの解散・活動停止発表が続いてる件

    2019-12-23 18:16:22(2548 view)

    2019年12月に入ってから、解散や活動停止、現体制での活動終了など、ファンには驚きの発表が続いています。


    (出典 matome.naver.jp)






    E-girls、来年いっぱいで解散 新曲リリースイベントで電撃発表 9年間の活動に終止符 - 芸能ニュース掲示板|爆サイ.com関東版


    NO.8044711
    E-girls、来年いっぱいで解散 新曲リリースイベントで電撃発表 9年間の活動に終止符
    E-girls、来年いっぱいで解散 新曲リリースイベントで電撃発表 9年間の活動に終止符
     ダンス&ボーカルグループのE-girlsが、来年いっぱいをもって解散することが、わかった。22日、神奈川・トレッサ横浜で行われた2020年第1弾シングル「別世界」リリースイベント内で電撃発表され、会場に訪れたファンから悲鳴が上がった。

     イベント冒頭で、グループのこれからに向けての映像が流れ、ファンが悲鳴。その後、メンバーが登場し、リーダーの佐藤晴美が「2020年を持ちまして、それぞれの道に進んでいくという決断をさせていただきました」と報告。「今年の春くらいからE-girlsのこれから、未来をみんなで話し合う機会。それぞれの方向性を伝えあった時に、それぞれの道で、頑張っていくという決断をさせていただきました」と伝えた。

     佐藤は続けて「みなさんとの思い出だったり、景色を思い返すと、踏み切れない部分もあったんですけど、輝いていけるステージに行けるために決断。それぞれ、次のステージでやっていったり、応援しあって、みなさんにもっともっと応援しただけるように、頑張っていきたい」と意気込んだ。

     同グループは2011年12月、シングル「Celebration!」でデビュー。13年より『NHK紅白歌合戦』に4年連続で出場。2017年6月、Aya..



    【日時】2019年12月22日 16:00
    【ソース】ORICON STYLE








    #1 [匿名さん] :2019/12/22 17:05

    ももも


    #2 [匿名さん] :2019/12/22 17:06

    騒音おばさんマユーロビート


    #3 [匿名さん] :2019/12/22 17:08

    EXILEの肉便器


    #4 [匿名さん] :2019/12/22 17:09

    存在自体忘れてたわ
    このまま三代目やEXILEも順に解散するんだろ?


    #5 [匿名さん] :2019/12/22 17:11

    三代目在日ブラザーズ解散


    #6 [匿名さん] :2019/12/22 17:12

    なんでもピークあるよね〜


    #11 [匿名さん] :2019/12/22 17:14

    >>6


    #7 [匿名さん] :2019/12/22 17:12

    何人か抜けた時点で終わったもんな


    #8 [匿名さん] :2019/12/22 17:12

    amiとその仲間たちという感じだったから解散もしょうがないか


    #9 [匿名さん] :2019/12/22 17:13

    Amiいいね♪


    #10 [匿名さん] :2019/12/22 17:13

    おまんちょガールズ


    #12 [匿名さん] :2019/12/22 17:15

    *に来てくれ!

    週4で通う


    #19 [匿名さん] :2019/12/22 17:29

    >>12
    リッチマンだな😵


    #13 [匿名さん] :2019/12/22 17:18

    さあ* カレン以外も


    #14 [匿名さん] :2019/12/22 17:19

    アミや他の初代メンバーがいなくなり
    全く盛り上がっていないね❗
    あのメンバーの時は良かった🎵


    #15 [匿名さん] :2019/12/22 17:19

    今年じゃねえの?
    さっさと消えて欲しいわ


    #16 [匿名さん] :2019/12/22 17:19

    デキ婚グループなんだから今年で解散でいいのに


    #17 [匿名さん] :2019/12/22 17:24

    五輪に絡むつもりか?


    #18 [匿名さん] :2019/12/22 17:28

    生好きアイドル


    #20 [匿名さん] :2019/12/22 17:30

    *するかぁ
    売れない
    なんかもったいない


    #21 [匿名さん] :2019/12/22 17:31

    EXILEもグループ作り過ぎて意味わからないからな

    まぁ10代にしたら キャー キャー 対象が増えていいんやろうが 意味わからん


    #22 [匿名さん] :2019/12/22 17:33

    follow meは良い曲だったな。


    #23 [匿名さん] :2019/12/22 17:33

    まだいたの?(笑)


    #24 [匿名さん] :2019/12/22 17:50

    EGみたいな派手なギャルより、清純なアイドルの方がいいからな。
    だから乃木坂や日向坂が人気あるし、俺もそっちの方が好き


    #27 [匿名さん] :2019/12/22 17:55

    >>24
    まさに👍
    坂道を転げ落ちたねぇ


    #28 [匿名さん] :2019/12/22 17:55

    >>24
    欅坂は?


    #29 [匿名さん] :2019/12/22 17:56

    >>28
    *だからダメ


    #32 [匿名さん] :2019/12/22 18:13

    >>24
    同感。ルックスもパフォーマンスも格段に良い坂道グループ出てきてAKBもE-girlsも用なしになったね


    #34 [匿名さん] :2019/12/22 18:15

    >>24
    俺も坂道シリーズファンです。
    乃木坂なら吉田綾乃クリスティー
    欅坂なら石森虹花
    日向坂なら松田好花
    が好き


    #39 [匿名さん] :2019/12/22 18:22

    >>32
    パフォーマンスだって。


    #25 [匿名さん] :2019/12/22 17:53

    嵐と同じように 被せてくる ザイル便器


    #26 [匿名さん] :2019/12/22 17:54

    AV女優のグループでしたっけ


    #30 [匿名さん] :2019/12/22 18:09

    潔くていいわ


    #31 [匿名さん] :2019/12/22 18:10

    名前だれもしらない
    amiのみ


    #33 [匿名さん] :2019/12/22 18:14

    高級*店にスカウト


    #35 [匿名さん] :2019/12/22 18:16

    9年もやってたんだ?でも全然興味なかったからなあ


    #36 [匿名さん] :2019/12/22 18:16

    喜び組解散かよ
    もう一通りヤリ飽きたんだろうな


    #37 [匿名さん] :2019/12/22 18:17

    みんなダンスで鍛えた激しい騎乗位で男をいかせまくる


    #38 [匿名さん] :2019/12/22 18:20

    やったのか


    #40 [匿名さん] :2019/12/22 18:26

    誰か一人で有名になるかな?







    ハマる人続出…アナ雪2「イントゥ・ジ・アンノウン」を聴き比べたい!






    ハマる人続出…アナ雪2「イントゥ・ジ・アンノウン」を聴き比べたい!

    2019-12-20 18:12:54(10231 view)

    映画『アナと雪の女王2』のメイン楽曲「イントゥ・ジ・アンノウン(Into the Unknown)」。イディナ・メンゼル、パニック・アット・ザ・ディスコ、松たか子さん、中元みずきさん、29ヵ国語バージョンの聴き比べ。


    (出典 matome.naver.jp)





    このページのトップヘ