芸能・etcニュースblog

芸能ニュースを主に書いていきます 他にも話題の事などにも触れていきたいと思っています

    カテゴリ: アイドル


    180cm以上の男性アイドル



    180cm以上の男性アイドル

    2019-08-16 17:29:16(1197 view)

    日本人離れした180cm以上の高身長男性アイドルのまとめです。背の高さ順189cmから。その内の並びは五十音順。 ソリディーモ、めせもあ、ストーンズ、TOKIO、パンドラ、WEST、セクゾ、すの、マジプリ、B2、ルーファイ、∞、甘党男子、宇宙


    (出典 matome.naver.jp)




    えっ!妹の方が先に…NMB48美人姉妹の卒業発表に様々な声



    えっ!妹の方が先に…NMB48美人姉妹の卒業発表に様々な声

    2019-08-16 18:57:10(1614 view)

    NMB48の美人姉妹、大段姉妹の妹である大段結愛がグループからの卒業を発表した。NMB48卒業後は高校受験に専念するという。


    (出典 matome.naver.jp)





    NO.7696442
    Iカップ・秋山かほ 白色変形スクール水着がお気に入り!
    Iカップ・秋山かほ 白色変形スクール水着がお気に入り!
    7月7日、グラビアアイドルの秋山かほさんの2ndDVD『KAHOlic』(エスデジタル)の発売記念イベントがソフマップAKIBA?号店 サブカル・モバイル館で行われた。

    昨年の10月に沖縄で撮影が行われた本作の内容について「学生の設定でひとめぼれした男性のお世話をしながら2人でラブラブになって行くストーリーです。王道の海で走るシーンにプラス、一緒に砂遊びを楽しんでます。あとお気に入りのシーンは白色の変形スクール水着が胸のボリュームが出ていて大人っぽい感じなのでお気に入りです。」と紹介。

    制服シーンもあるそうで「制服も着ました普通の制服をアレンジしてあって滅茶苦茶可愛くてお気に入りです。」とニッコリ。

    セクシーなシーンは「セクシーな下着のような水着も着てます。黒の衣装は夜のベッドシーンみたいな感じで一番セクシーな所です。」とアピールしていた。

    バスト100cm Iカップムッチリボディの秋山かほさんの天然豊満バストは必見です。。

    【日時】2019年08月13日
    【提供】日刊エンタメクリップ





    #8 [匿名さん] :2019/08/14 17:22

    こんなんで売れると思ってんのか!?wwww


    超抱きてえ!


    #9 [匿名さん] :2019/08/14 17:33

    >>8
    眼科行ってこい!!






    NO.7696445
    百川晴香 赤の下着風水着でオトナセクシーに!
    百川晴香 赤の下着風水着でオトナセクシーに!
    7月7日、グラビアアイドルの百川晴香さんのDVD『100×10』shiningwill)の発売記念イベントがソフマップAKIBA?号店 アミューズメント館で行われた。

    3月に沖縄で撮影が行われた本作の内容について「今まで通りシンプルなDVDになってます。

    10周年旅行みたいな感じを味わって欲しいなと思います。お風呂のシーンはいい感じに仕上がってます。

    変形水着を着たことが無かったので嬉しかったのと、一番セクシーなのは赤の水着で下着風です。

    結構しっとり撮って頂いたので良い感じに仕上がってると思います。」と紹介。

    また、百川晴香さんは「令和が終わるまでは芸能生活を続けたい。

    水着もグラビアもできる限り長く続けたい!」と宣言。

    アイドルグループ 全力少女Rのリーダーとしても活動中です。

    【日時】2019年08月12日 19:40
    【提供】日刊エンタメクリップ
    【関連掲示板】





    #16 [匿名さん] :2019/08/14 17:59

    >>0
    かわい😍😍


    #13 [匿名さん] :2019/08/14 17:28

    ええやん!俺はヤリタイ😍


    #14 [匿名さん] :2019/08/14 17:51

    >>13
    穴があればいいタイプですね


    #19 [匿名さん] :2019/08/14 18:58

    赤いってー、
     これのイメージが最強でさー


    #20 [匿名さん] :2019/08/14 18:59

    >>19
    *だし
    よく見ると、*見えてる?




    このページのトップヘ